はっちゃけ日記
2019 / 05   «« »»
01
F
02
S
03
S
 
04
M
05
T
 
06
W
 
07
T
 
08
F
 
09
S
 
10
S
 
11
M
 
12
T
 
13
W
 
14
T
 
15
F
 
16
S
17
S
 
18
M
 
19
T
 
20
W
 
21
T
 
22
F
 
23
S
 
24
S
 
25
M
 
26
T
 
27
W
 
28
T
 
29
F
 
30
S
 
31
S
 
meaning of mark :: nothing , comment , trackback , comment and trackback
Pageview

Online Status

Profile
プロフィール。

Menu

RSS & Atom Feed
はっちゃけ日記
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
祭り
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
その他
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
天体
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
イベント
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
定例会
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
消防団
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
スポーツ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
グルメ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
季節・天候
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
お知らせ
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
行事
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
ツーリング
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
旅行
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3
盆踊り
RSS1.0 / RSS2.0 / Atom0.3

Pickup Photo!
2017/05/13 :: 手筒花火火付け役(大祭を振り返り)
!!$photo1!!
!!$photo2!!
!!$photo3!!

手筒花火に欠かせないのが「火付け役」だ。
種火となる「ランス」で筒に着火する役目はある程度経験を重ねた人で行う。

同じ豊川でも地域によって火付けのスタイルは違います。平尾は火付け役が種火を2回頭上を回して火を着けることを周りに知らせる。

着火後、火柱の噴出する轟音が響く。
着火後の火柱の出方が異常はないか?
安全を確認して「ヨシ!」と合図を掛ける。
放揚者が筒を引き起こし抱える.
緊張しすぎて構えた姿勢が間違っていないか?確認。
最後の「ハネ」があるまで放揚者を見守るのが火付け役です。

『火付け役』は放揚者が危険な姿勢をすれば火の粉の中を飛び込んで姿勢を直すこともしなければならない。
自分もその役を任せられていますが正直、自分自身が花火を揚げるよりも緊張します。

大きなケガや事故が無いように願いながら危険な花火を揚げてるのですから第三者から見れば変な話ですよね。

ただ過去一度も大きな事故や大ケガは発生していませんがこれだけは皆に言い聞かせています。
『どんなにベテランになっても「練習だけは欠かすな」』
『数回の経験だけで舐めてかかれば大ケガをするぞ』

何度も練習するのは奉納花火の『心構えづくり』です
遊びのつもりなら参加させない。平尾はこれを継続します。

☆ゆる☆

all photo

Recent Diary

Recent TrackBack

Recent Comments
«« 企業協賛金 | main | 熊本地震義援金 »»
«« カテゴリ内前記事(企業協賛金) | 祭り | カテゴリ内次記事(熊本地震義援金) »»
2016/04/23
正午の号砲
正午の号砲

お祭り開催と時を告げる平尾の号砲は秒単位で正確だ。

時報に合わせて打ち上げ上昇時間を計算に入れて
筒に火を入れる。

「ド〜ン!」となった瞬間が正午。

1秒も狂わせたくない職人技になってます(笑)

☆副会長☆
posted at 2016/04/23 12:40:39
lastupdate at 2016/04/23 12:42:45
修正
 
Trackback URL

クリップボードへコピーする場合は こちらをクリック(Win+IEのみ)

Trackbacks

Comments

Post your Comment
name
mail
home
comment
文字装飾グラデーション絵文字